専門用語集

デジタリゼーション業務の用語には少し分かりづらい言葉が数多くあります。
ここでは、初めての方にも分かりやすく解説いたします。

ハック(Hack)とマラソン(Marathon)を掛け合わせた造語。エンジニア、デザイナー、プランナー、マーケティターなどがチームを編成、アイデアを持ち寄り、一定期間内でシステム(サービス)を開発するイベント。1999年ごろ、アメリカのIT企業で始まった。Google、Apple、Facebookなどが開催。日本では楽天やヤフーなどが開催。

高度な専門技術を用いて、コンピュータやコンピュータネットワークの解析・改造・構築などを行うこと。
もとは英語のhackは、「たたき切る」「切り刻む」などの意。そこから、コンピュータやソフトウェアを詳細に解析する事を指す。
ハッキングの技術者をハッカーと呼ぶ。
これら技術を悪用する行為はクラッキングという。悪用する者はクラッカーやブラックハットなどと呼び区別する。

ついつい・うっかり型
  • 記憶エラー:記憶できない、思い出せないなど
  • 認知エラー:見逃してしまった、聞き違えた、見まちがえたなど
  • 判断エラー:とるべき対応に対する判断を間違える
  • 行動エラー:とるべき方法や手段を間違えてしまう
あえて型
  • 決まりを守らないエラー:手抜き・横着
  • リスクテイキング:危険性を分かっていて、あえて危険なことをする

最新の企業情報(会社名、住所、拠点情報など)をDM発信やテレマーケティングなどのソースリストとして、利用する目的のデータベース。

ネットビジネスサポート株式会社が開発。
マーケティング、営業DX(デジタルトランスフォーメーション)のための企業データベースです。
プログラムがインターネット上のリンクを辿ってWebサイトの情報を収集した上で利用しやすく加工しています。

ベリファイ(verification)とは検証する、確認する、照合する、などの意。ベリファイ入力は、一人のオペレーターがパンチ入力をした後に、別のオペレーターが同じ原稿から入力を行い、内容が異なっていないかどうかを確認、ミスを発見した場合は再度チェックの上で、入力確定を行います。